体質改善

鉄分が多く含まれる(妊婦でも問題ない)食べ物いろいろ

含まれる鉄分量は差がありますが、鉄分が比較的多く含まれる食べ物はそこそこあります。

単体で摂るだけで吸収もされる鉄
  • レバー(牛・鶏・豚)
  • プルーン
  • 牛ヒレ肉
  • 煮干し
  • いわし
  • かつお
  • まぐろ
一緒にビタミンCを摂らないと吸収できない鉄
  • ひじき
  • あさり、はまぐり
  • 高野豆腐
  • ほうれん草
  • 小松菜
  • 油揚げ、豆腐、納豆
  • 切り干し大根

これさえ食べれば鉄分はばっちり!というものはありません。
いろいろな食べ物をバランス良く、きっちり食べていくのが1番良い方法だと思います。

鉄分が多く含まれる食べ物は、扱いが面倒なものが多い…

とは言え、鉄分を積極的に摂るというのはなかなか難しいものです。
吸収率も悪いしそもそも含まれる量も少ないしでコツコツ食べているつもりでも足りていないことが多いのです。
毎日のことなので、継続するのも難しいし…。

しっかり和食を食べると良いことが多いのかも…

それでもなんとかうまく!と考えたときにおすすめなのは、

  • おやつに煮干しやプルーンを食べるようにする
  • 小松菜やほうれん草をできるだけ毎日食べる
  • ひじきや切り干し大根を作り置きしてこまめに食べる

というのを基本すると良いのではないかと思います。
(ひじきや切り干し大根にはにんじんや油揚げなども入れて)

ちなみに、妊娠中は特に、この部分も注意する必要があります。

  • レバーはビタミンAも多く含まれるので週1程度までに
  • 豆乳や納豆は鉄分の吸収も妨げるので、摂りすぎに注意
  • マグロやカツオなど生ではあまり摂らないように

考えると面倒なことも多いですが、食生活を改善するつもりでじっくり慣らしていくのが良いのかと思います。

ちなみに…、わたしはサジーで妊娠期間を乗り切りました

わたし自身、2人の子持ちです。1度目の妊娠時はいろいろ散々で反省し、2度目の妊娠はいろいろ対策をとりながら過ごしていました。

その中でこれはたぶん良かったなあ、と感じているのがサジーです。

サジーの大きな特徴
  • 鉄分の含有量はプルーンの35倍、ほうれん草の約4倍
  • 吸収率を高めるのに良いビタミンCやクエン酸も含まれている
  • 貧血予防に欠かせない、葉酸なども一緒にとれる

と、妊娠中に必要な栄養補給がとても気軽に行えるものなのです。(もともと妊娠前から続けていたものでしたが…)

サジーについて詳しく見てみる

1度に小さなミニカップで飲むだけのものなので、これを飲むだけで1日に必要な量がすべてまかなえるわけではありません。
でも、ある程度はしっかり摂取できる上、吸収率を高めるのにも役に立つのは確かです。
手軽な鉄分補給対策として続けてみたら、確かに鉄分補給もできるし安心感が増すのではないかと思います。

もともとサジーは200種類以上栄養素が含まれる果物

そもそもサジーはスーパーフルーツと呼ばれ、200種類以上も栄養素が含まれているとされています。
高地でもしっかり実る果物だからか、普段食べていると不足しがちな栄養素も含まれているのが特徴だと思います。

サジーはスーパーフルーツらしい
  • アミノ酸で、体をじんわり温める
  • リンゴ酸で腸のぜんどう運動を促す(便秘対策に)
  • 豊富なビタミンで免疫力アップを助けたり
  • 鉄分や葉酸が元気な妊娠生活を助けてくれたり
  • 豊富な抗酸化成分で、肌をがっちり守ってくれたり
  • クエン酸などが疲れやストレス解消を助けてくれたり

その豊富な栄養のおかげか、じんわりとメリットも多く感じられました。

妊娠中や授乳中でも問題なく飲めるのも何かと助かります。
ちょっと味にクセがあるのが難点ですが…。
飲みやすく工夫されているサジーであれば、おいしく飲めるものもあるので、困っているなら試してみる価値のあるものだと感じています。

出産後もサジーは続けています

わたし自身、サジーは妊娠前→妊娠中→出産後(授乳期)→現在まで続けています。
何かと助かることが多くて迷うことなく続けているのですが、それにはもう少し理由があります。

  • 価格が毎月2,500円程度で続けられる
  • 自分が困ったときの栄養ドリンクのように使えるのが便利
  • 飲みやすさのためにほんのり甘く、口寂しいときにも便利
  • もともと果物なので夫からも理解を得られやすい

なんだかんだと地味に助けられることも多いです。
鉄分補給のためだけではなく、いろいろな部分をカバーできるのが便利だし助かるなあ、と感じています。

サジー(黄酸汁)の公式サイトへ